トヨタ営業利益、前期比10.3%増の2.2兆円に

通期業績見通しを上方修正

 2月6日、トヨタ自動車が18年3月期通期の連結業績予想を上方修正した。通期営業利益は前期比10.3%増の2兆2000億円の見通し(従来は同0.3%増の2兆円)。写真は都内で昨年2月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 6日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>が6日、18年3月期通期の連結業績予想を上方修正した。通期営業利益は前期比10.3%増の2兆2000億円の見通し(従来は同0.3%増の2兆円)。トムソン・ロイターが集計したアナリスト25人の通期営業利益の予測平均値は2兆1032億円となっている。

通期の売上高予想は同5.1%増の29兆円(従来は3.3%増の28兆5000億円)、純利益予想は同31.1%増の2兆4000億円(従来は6.5%増の1兆9500億円)に上方修正した。

通期の前提為替レートは1ドル111円、1ユーロ129円とした。従来はそれぞれ111円、128円だった。通期の世界小売販売計画は1030万台(従来見通しは1025万台)で北米が281万台(同279万台)、アジアが155万台(同155万台)、国内が225万台(同226万台)、欧州が96万台(同97万台)となった。

同時に発表した2017年4―12月期連結決算(米国基準)によると、営業利益は前年同期比13.8%増の1兆7701億円だった。売上高は同8.1%増の21兆7969億円、純利益は同40.5%増の2兆0131億円だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT