Facebook、「信頼できる」ニュースを優先表示

現場に近い情報源の活用にも力を注ぐ方針

 1月19日、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、今後は利用者の意見に基づいて「信頼できる」ニュースを優先的に表示し、偽情報を流したり、対立をあおる動きに対抗していく考えを示した。2013年4月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[サンフランシスコ 19日 ロイター] - フェイスブック<FB.O>のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は19日、今後は利用者の意見に基づいて「信頼できる」ニュースを優先的に表示し、偽情報を流したり、対立をあおる動きに対抗していく考えを示した。

フェイスブックによると、20億人を超える月間アクティブユーザーが報道機関の信頼性を順位付けすることになる。またニュース現場に近い情報源の活用にも力を注ぐ方針。

ザッカーバーグ氏は「ソーシャルメディアによって人々はかつてないほどのスピードで情報を拡散できる。われわれがセンセーショナリズムや偽情報などの対処に取り組まないと、そうした問題が増幅されてしまう」と説明した。

フェイスブックは2016年の米大統領選期間中にロシアの政治宣伝に利用された疑いが浮上し、ニュースの信頼性が問われていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。