マツキヨと第一生命、「連携」の微妙な温度差

生保販売で提携も現状はパンフ配布止まり

第一生命側には、顧客との接点を増やしていきたい狙いがある。かつての営業先は顧客の自宅や職場が中心だったが、最近では銀行や保険ショップなどの販売代理店などにも広がっており、ドラッグストアも新たな代理店に位置付けた格好だ。

調剤チェーンは病気をすでに患っている人の来店が多い一方で「ドラッグストアと組むことは日ごろから将来の健康を意識している層の情報を得ることができる」(営業企画部の鎭目哲郎次長)。今後、両社は双方の持つノウハウや販売などにかかわるビッグデータを活用し、独自に保険商品の開発も目指すという。

前のめりの第一生命と瀬踏みのマツキヨ

一方で、両社の思惑には温度差も見られる。第一生命はマツキヨ店舗へのパンフレット設置にとどまらず、販売員の導入にも前のめりだ。一方で、マツモトキヨシホールディングスの小部真吾取締役管理本部長兼人事部長(マツモトキヨシ取締役)は、「保険販売は健康サポ―ト薬局の取り組みの1つにすぎない」と強調する。マツキヨは、店頭でのパンフレット配布で、瀬踏みをする構えのようだ。

健康寿命に対する関心の高まりから新市場の拡大を見通す両社ながら、短期的な戦術についての考え方には違いが見られる。

実際、昨年12月にマツキヨ店舗にパンフレットを設置以降、来店客からの問い合わせ件数は多くないという。今後は導入店舗の拡大など両社で話し合って進めるという。保険各社は顧客との接点を少しでも増やそうと試行錯誤しているが、始まったばかりで営業上の効果を図るには時期尚早なのかもしれない。

週刊東洋経済』1月20日号(1月15日発売)の特集は「保険に騙されるな」です。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT