センター前夜に受験生の親が伝えるべき言葉

受験生は「2つの大きな不安」に駆られている

こんなときに、絶対にやってはいけないことは、押し付けです。

「俺のときはこんなに勉強した。今のセンター試験は楽になった」
「みんなこの時期は必死に勉強しているから、もっとやったほうがいいぞ」

といった、「もっと勉強しろ」プレッシャーをかけることはNGです。受験生は馬鹿ではありません。自分がどの程度勉強してきたか、自分の実力がどの程度か、ということは実はほとんどの受験生がわかっています。そんな受験生の傷に塩を塗るようなことを、親がやってはいけません。

むしろ親がやるべきは、無条件の受容です。

「◯◯くんなら普通に受かる」
「◯◯くんが落ちるならそんな大学行くことない」

これくらいの、親バカともいえる受容をしてもらえると、受験生としては心が安らぎます。勉強しろプレッシャーなんてものは、受験仲間や塾から、十二分に受け続けているのですから、家はつかの間のオアシスにするべきなのです。

前にも言いましたが、私は、開成受験の前夜に、母親から、「あなたなら失敗しても真ん中くらいで受かるわよ」と言われたのを今でも覚えています。母親が受験生の中での私の位置を細かく分析していたわけではなく、単に自信を持って送り出してやろうと思った、というだけのことです。根拠などなくてもいいのです。こうした無条件の受容によって、変なプレッシャーから人は解放されるのです。

不合格で人生が左右される不安には?

また、失敗した後にとんでもないことになるのではないか、という不安は、万が一、第1志望に落ちたら、自分の人生は真っ暗なのではないか、というもの。これが健全な危機感であるうちは特に問題はなく、むしろ勉強のモチベーションを維持することにつながりますが、過度に失敗を不安に思うことで、普段の勉強に気持ちが入らなくなり、本番でもやる気を失ってしまう、ということになりかねません。

次ページ視野を広げる言葉をかけるのも親の役目
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。