アップルは「iPhone X」頼みが薄れたとの声

複数機種品ぞろえで一段の売り上げ増見込む

 12月28日、米アップルがデバイスの品ぞろえやサービスを拡充させるなか、新型旗艦機種「iPhone(アイフォーン)X(テン)」頼みの傾向が薄れたとの見方が出ている。10月撮影(2017年 ロイター/Aly Song/File Photo)

[サンフランシスコ 28日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>がデバイスの品ぞろえやサービスを拡充させるなか、新型旗艦機種「iPhone(アイフォーン)X(テン)」頼みの傾向が薄れたとの見方が出ている。

年末商戦を含む四半期決算には、最新旗艦機種の需要が決定的に重要とされてきた。しかし、こうした動きが変わりつつあるようだ。

年末商戦を含む四半期の売上高予想(アナリスト30人の中央値)は862億ドルと、アップル見通し(840億━870億ドル)の上限近辺を保っている。事業戦略の変化などを反映した可能性がある。

アップル株主で、ガーバー・カワサキ・ウェルス・アンド・インベストメント・マネジメントのロス・ガーバー最高経営責任者(CEO)は「『iPhone8』『X』の2機種を公開しており、今四半期のアップルの戦略は違う。売り上げを合算すれば、市場予想水準と一致するだろう」と語る。

ワイヤレスイヤホン「エアポッズ」や、通信機能を備えた腕時計型端末「アップルウォッチ」新機種といった付属品などのデバイスも、品ぞろえを拡充した。

「その他製品」分野は昨年16%増の128億ドル規模で、「アップストア」「アップルミュージック」などのサービス分野も23%伸びて299億ドルとなった。

クリエイティブ・ストラテジーズのアナリストは、複数機種の品ぞろえで一段の売り上げ増を見込む。

とはいえ、iPhoneXの売り上げ動向はなお重要だ。1台当たりの売り上げは「7」の2倍近くとされる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT