アップルは「iPhone X」頼みが薄れたとの声

複数機種品ぞろえで一段の売り上げ増見込む

 12月28日、米アップルがデバイスの品ぞろえやサービスを拡充させるなか、新型旗艦機種「iPhone(アイフォーン)X(テン)」頼みの傾向が薄れたとの見方が出ている。10月撮影(2017年 ロイター/Aly Song/File Photo)

[サンフランシスコ 28日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>がデバイスの品ぞろえやサービスを拡充させるなか、新型旗艦機種「iPhone(アイフォーン)X(テン)」頼みの傾向が薄れたとの見方が出ている。

年末商戦を含む四半期決算には、最新旗艦機種の需要が決定的に重要とされてきた。しかし、こうした動きが変わりつつあるようだ。

年末商戦を含む四半期の売上高予想(アナリスト30人の中央値)は862億ドルと、アップル見通し(840億━870億ドル)の上限近辺を保っている。事業戦略の変化などを反映した可能性がある。

アップル株主で、ガーバー・カワサキ・ウェルス・アンド・インベストメント・マネジメントのロス・ガーバー最高経営責任者(CEO)は「『iPhone8』『X』の2機種を公開しており、今四半期のアップルの戦略は違う。売り上げを合算すれば、市場予想水準と一致するだろう」と語る。

ワイヤレスイヤホン「エアポッズ」や、通信機能を備えた腕時計型端末「アップルウォッチ」新機種といった付属品などのデバイスも、品ぞろえを拡充した。

「その他製品」分野は昨年16%増の128億ドル規模で、「アップストア」「アップルミュージック」などのサービス分野も23%伸びて299億ドルとなった。

クリエイティブ・ストラテジーズのアナリストは、複数機種の品ぞろえで一段の売り上げ増を見込む。

とはいえ、iPhoneXの売り上げ動向はなお重要だ。1台当たりの売り上げは「7」の2倍近くとされる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT