調布のゴルフ場が来場者を増やし続ける事情

9ホールのプレースタイルは普及余地がある

日本は少子高齢化でゴルフ対象人口が減少し、さらに若者の参加が少ないことが課題だ。ゴルフ関連の17団体で構成されているゴルフサミット会議でも、ゴルフ振興の中期目標として20歳代後半から30歳代前半のゴルフ実施率を10%強に引き上げることが叫ばれているが、増えていないのが現状である。

海外に目を向けてみると、欧米ではゴルフの若者離れが目立ち、その理由がゴルフに時間がかかるためだという。その対策として米国ゴルフ協会では9ホールのみのプレー「PLAY9」を推奨している。

またヨーロピアンツアーでは今年の5月「ゴルフシックス」という6ホールで争われる変則マッチプレー大会が始まった。公式競技であり、16ヵ国から各国2名が参加する国別対抗戦だ。開催コースは英国のセンチュリオンクラブで6ホール全長2276ヤード、パー24のコース設定であった。まさに時代の先取りをしてきたのがこの調布のコースである。

実際にプレーしてみた

私も体験してみた。15時30分にスタートして17時30分過ぎにプレーを終了した。2時間弱で9ホールを楽しむことができた。冬の夕暮れは早いが、夕刻になり暗くなってくると、ナイター照明のLEDが点灯しプレーを続けることができた。夜は22時まで営業しているので会社帰りでも楽しめる。また、併設のレストランも夜の時間も営業していて、プレー後に仲間とお酒や料理を楽しめた。

この盛況がすべてゴルフ場に当てはまるとは思わない。しかし、9ホールのプレースタイルをもっとゴルフ場関係者は普及させてはどうだろうか。気楽に遊びに行けるゴルフスタイルが、子供や女性を含めたゴルフ初心者、若者を取り込めるのではと実感した。ゴルフへの新しい楽しみ方を提案し、ゴルフファーのニーズの変化に対応していけば、まだまだゴルフ場の活性化の余地はある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。