「帰宅恐怖症」のダメ夫が家で復活する方法

残業減で時間だけ増えた男性サラリーマンへ

一方、妻たちはどうなのでしょうか? 多くの女性は何かしら「習い事」をしているようです。ダンス、フラワーアレンジメント、語学、その他のスキルアップ講座。費用は月5000円~1万円はします。

実はこれだけでは終わりません。専業主婦や「パートタイムで働く妻」なら、その習い事の前後のお茶会やランチ会というイベントがあります。

女性のランチ会でのキーワードは「前菜がちょっとついて」+「パスタかメイン料理」+「デザート」+「ドリンク」。何しろみんなで行くので90~120分は過ごせる場所を選びます。予算は1回税込み1200~1500円くらい。40~50代以降になると2500~3500円くらいにハネ上がります。その分おいしくて有名なお店やホテルのランチブッフェに行けますからね。

ランチでないお茶会でも、値段はさほど変わりません。少なくともドトールやベローチェには行きません。とびきりおいしいスイーツのお店に行きます。これが週に1~2回。こうした小さな幸せを、夫が急に早く帰ってくることで乱されたくはありません。

また、働く女性や、習い事で外へ行く女性はきれいでい続けたいものです。着るものだけでなく、最近は「マツエク」(人工まつげ、月に1回程の頻度で付け替える)やジェルネイルに通う人も多くなりました。どちらも安くて月5000円です。フルタイムやそれに近い状態働く女性の朝活・昼活の費用ともなれば、おおよそ月2万円弱から3万円弱になります。

「HEROパパ」として、復活できる方法がある

いっそのこと、帰宅難民化している男性は、この機会に女性のたくましい行動力を見習ってみたらいかがでしょう? たとえば夕方に1年くらいかけて投資の勉強や、料理の勉強をするとか。投資なら一石二鳥。頑張れば、お小遣い稼ぎになりますよね。

FPだからといって、無理やり投資の話をしているわけではありません。おカネの運用を無手勝流にやる方がとても多いのです。今は、信頼できるプロに伴奏してもらうという選択肢があります。しかもマネー講座は、ほかの習い事よりも割安です。1回や少数回で完結するものも、たくさんあります。

男性は女性よりもまじめですから、いざ「やる!」と決めたら、相当頑張るでしょう。たとえばその運用益で、すし折りやおいしいスイーツを持って「ただいま~」と早く帰宅するのです(成功しなくても、です)。すると、どうでしょう。そこにはかつての「HERO パパ」がよみがえります。もし現状のまま、ただ早く帰宅するのはマナー違反(笑)。だから嫌われてしまうのです。ちょっと気の利いた手土産1つで、一家の平和が必ず訪れますよ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT