三越伊勢丹、「冬セール」6年ぶり前倒しの衝撃

今冬は1月4日、同業他社と歩調合わせる

伊勢丹新宿本店はいまだ日本一の売り上げを誇るが…(撮影:編集部)

百貨店国内首位の三越伊勢丹ホールディングスが、今冬のバーゲンセールを2018年1月4日から開始することが明らかになった。

同社は2012年夏から同業他社よりも2週間ほど遅れて夏と冬の年2回のセールを実施してきたが、約6年ぶりに他社と同時期に開催することになる。「年明けから顧客の春物商品への関心が高まる。冬のセールを前倒しし、春物を展開する期間を増やしたい」と、同社の広報担当者は説明する。

百貨店各社は売り上げが落ち込む中で少しでも需要を喚起しようと、夏と冬のセール時期を前倒ししてきた。この流れに異を唱えたのが、大西洋・前社長だった。

セールの後ろ倒しは、百貨店の“再興”を目指した大西氏にとって、独自商品の拡充と並び象徴的な施策の一つだった。今回取材に応じた大西氏は、「需要最盛期に適正価格で販売するのは当然のこと。顧客の価格への信頼も取り戻したかった」と思いを打ち明ける。

就任当初から検討

だが、大西氏の後を受けた杉江俊彦社長は、今年4月の就任当初からセール時期を戻すことを検討していた。同社幹部は「セールの準備には半年程度かかる。当初は今夏も前倒しする方針だったが、間に合わなかっただけ」と明かす。今冬に限らず、今後のセール時期は他社と歩調を合わせることになりそうだ。

背景にあるのは、やはり売り上げの不振だ。足元でこそ、訪日客の消費拡大で都心店は回復基調にある。しかし、杉江社長就任時は売り上げ不振に苦しんでいたうえ、またいつ好環境が逆回転するかわからない。

次ページ”在庫処分”の必要性
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?