東京モーターショーは本当に衰退したのか

来場者や出展企業だけで語るのは寂しい話だ

PRの場も「選択と集中」の時代に入っている(撮影:大澤 誠)

10月27日(金)から11月5日(日)まで10日間にわたって東京・有明の東京ビッグサイトで一般公開された「第45回 東京モーターショー2017」が閉幕した。

今回の総来場者は77万1200人。前回(2015年)の81万2500人に比べて約5%、約4万1000人の減少となった。一般公開日直後の週末に台風22号が関東地方を直撃したことを考慮すると、天候さえよければ前回を上回ったか、あるいは減少幅はもうちょっと少なかったかもしれない。

とはいえ、かつては1990年代に入場者200万人オーバーを記録。同150万人時代が続いた自動車イベントだ。今回はアメリカやイギリス、イタリアなどの海外メーカーの出展取りやめも少なくなかった。これらを題材にして「東京モーターショーの衰退」「クルマ離れは解消せず」などという論調の報道もあるだろう。

国際的にみれば、健闘している

ただ、これだけでショーそのものの活気やクルマ人気を語るとしたら寂しい話だ。ステレオタイプな斜に構えた見方ともいえる。世界と比べてみるとそもそも100万人を超えるメジャーなモーターショーはパリくらい。あのフランクフルトショーや北京ショー、デトロイトショーも81万人である。東京モーターショーは国際的にみて、むしろ健闘しているといってもいい。

出展企業の変化も東京モーターショーに限ったことではない。筆者は長年、世界のモーターショー取材を行っているが、主要自動車メーカーがすべて出そろうのはスイス・ジュネーブショーくらい。アメリカのデトロイトショーやドイツのフランクフルトショーですら出展を辞退する自動車メーカーも存在する。

PRの場も「選択と集中」の時代に入っている。一方、アメリカ・ラスベガスで開かれる世界最大の家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」やイギリスのグッドウッド、アメリカのペブルビーチといったモーターショー以外のイベントを重要視する自動車メーカーも増えている。日本でも近年はアジア最大の家電見本市「CEATEC JAPAN」(シーテックジャパン)で自動車メーカーの姿も目立っている。

次ページ「EVシフトが鮮明に」などと報道されていたが…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT