1日前場の日経平均は大幅反発、一時344円高

ソニーは好決算で一時11%超の急騰に

 11月1日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比313円03銭高の2万2324円64銭となり、大幅反発となった。写真は東京証券取引所で昨年2月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 1日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比313円03銭高の2万2324円64銭となり、大幅反発となった。ソニー<6758.T>など前日に発表された国内主要企業の良好な決算を追い風に、大型株に買い注文が集まった。一時344円高となり、年初来高値を更新。機関投資家による月初の買い観測も支えとなった。

TOPIXは1.01%高で午前の取引を終了。上昇率では日経平均(1.42%)がTOPIXを上回った。ソニーが一時11%を超す上昇となったほか、東京エレクトロン<8035.T>、日東電工<6988.T>が上場来高値を更新。ハイテク株が日経平均を押し上げた。東証全33業種が上昇。前場の東証1部売買代金は1兆8618億円まで膨らんだ。

一方、JPX日経中小型株指数<.JPXNKMSC>は最高値を更新したものの、上昇率は0.23%にとどまった。中小型株よりも大型株が選好される地合いとなった。「ソニーを筆頭に31日の企業決算は良好なものが目立ったが、PER(株価収益率)でみた日本株の割安感は薄れつつある。中小型株への循環物色も期待できるが、次第に来期の業績を見極めたうえでの銘柄選別が進みそう」(三木証券投資情報部課長の北澤淳氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり1165銘柄に対し、値下がりが768銘柄、変わらずが98銘柄だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT