南国グアム、日本人大幅減でも盛況続くワケ

ミサイル問題の影響はどうなったのか?

韓国では6社目となるLCCのエアソウルが9月中旬にグアムに就航。時期にもよるが、もはや大手航空券の予約サイトでは、東京からの直行便が約6万円なのに対して、日本から韓国を経由してグアムに向かう場合は3~4万円台のケースもある。

こうした韓国の旺盛な旅行需要を取り込み、グアム全体の来島者数は2017年1~8月で105万人(前年同期比4%増)と過去最高を記録している。同期間に日本人の来島者数が44.8万人(前年同期比10%減)だったのに対し、韓国は43.8万人(同25.7%増)。このまま行けば、通年でついに韓国が上回りそうだ。

「インスタグアム」キャンペーンを開始

グアム政府観光局は10月の新年度(10月~9月期)に合せて新たな来島者呼び込み策として、写真共有SNSのインスタグラムを使った「インスタグアム」キャンペーンを開始。若者に訴求力のあるインスタグラムを使って、青い空や青い海、彩り豊かな花々などをアピールする狙いだ。「インスタグアムのキャンペーンで過去最高数の観光客を呼び込みたい」(デナイト観光局長)。

インスタグラムとグアムで「インスタグアム」。はたしてアピールは届くのか(記者撮影)

グアム政府観光局は「グアムへの来島者数が減るということは、グアムのみならず日本の旅行会社、グアム便を運航する航空会社等にも影響が及び、日本の経済も打撃を受ける事となる。一般メディアは特にグアム取材を差し控えるといった傾向はない。今後も一般の方がご覧いただいて安心できるような露出を粛々と進めていきたい」という。

ただ、10月13日に韓国が米軍と合同で軍事演習を開くと発表すると、北朝鮮の朝鮮中央通信は「われわれはすでに何度か、自衛のためにグアム周辺にへのミサイル発射を含む対抗措置をとると警告した」と報道するなど、再び注目が集まっている。

またグアムは「安い、近い、短い」をアピールすることで日本人観光客を集客したが、結果的に現在の顧客離れを招いたという苦い経験がある。韓国のLCCにばかり頼っていては、同じ経験を繰り返すだけ。はたして、グアムはどう変わっていくのか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング