ホンダ「フィット」の逆襲

月販目標1万5000台は最低線、HVは7割想定

9月5日、燃費ナンバーワンを掲げて華々しく登場したホンダの新型「フィットハイブリッド(HV)」。目下、国内の新車市場でトップを走るトヨタ自動車のコンパクトHV「アクア」に強力なライバルの登場とあって、自動車系のメディアだけでなく、一般媒体も新型フィットの誕生を大きく取り上げた。

「フィットはホンダの最重要機種、燃費ナンバーワンにこだわった自信作」と伊東孝紳社長は言う。新型フィットHVの最高燃費はガソリン1リットル当たり36.4キロメートル。同35.4キロメートルでトップだったアクアを上回った。ホンダは販売台数でも、ナンバーワン奪取を宣言するのか……と思いきや、これが意外に慎重だ。

ホンダが発表した新型フィットの月間販売計画台数は1万5000台(HV、ガソリンエンジン車を含む全シリーズ合計)。HVは旧型では全体の4割程度だったが、「新型は7割程度を想定している」(国内販売を統括する峯川尚専務・日本営業本部長)。

トヨタ「アクア」は月販2万~3万台をキープ

一方、アクア(11年11月発売)の販売台数は、発売後、月間2万~3万台をキープしている。ホンダ自身の大ヒット軽自動車「N-BOX」(11年12月発売)も2万台前後の月販台数を、記録し続けている。単純に比較すると、ホンダは新型フィットについてアクアを抜くどころか、自社の軽自動車の水準にも及ばない水準の目標を立てていることになる。

峯川専務は「旧型フィットからの乗り換えや既存ホンダユーザーの数などをもとに出したロジカルな目標台数」と説明。かつては新型の登場と同時に乗り換える客や、軽自動車などからのステップアップ客が見込めたものだが、近年、買い替え期間は長くなり、ステップアップどころか軽自動車へのダウンサイジングも珍しくない。大ヒット車の新モデルであっても飛ぶように売れる、とはいかない。「軽自動車とフィットのようなスモールカーの間での顧客の行き来はけっこうある」(峯川専務)。

次ページ販売でもトップを奪取できるか
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT