ぽっちゃりタレントが続々と痩せ始めた理由

トレードマークのはずが割に合わなくなった

テレビで健全さが求められるようになったというのは、「肥満」だけに限った話ではない。たとえば、出川哲朗や上島竜兵が主戦場としているリアクション芸の世界においても、多くの視聴者が本当に痛々しく感じてしまうような過激な企画は、最近のテレビではあまり見掛けなくなってきた。

ぽっちゃりタレントとして有名な松村邦洋がやせたのも、そういう背景があるからではないだろうか。いわば、ぽっちゃりタレントであることが割に合わない時代が訪れているのだ。多くのぽっちゃりタレントがダイエットを始めたり、ひそかに健康に気を使ったりしているのはそのためだ。

実際、女性芸人でもぽっちゃり体型の人はいるが、そのこと自体を売りにしている人は少ない。むしろ、渡辺直美のように、太っていてもおしゃれをしたり激しいダンスを踊ったりして、明るく健全なキャラクターを出す人のほうがより多くの人に支持される傾向にある。

冠番組を多く持つマツコ・デラックスさん(撮影:今井康一)

実は、どんどん健全になっていくテレビの世界で、食べ物をおいしそうに食べることで絶大な人気を博しているぽっちゃりタレントが1人だけいる。それは、マツコ・デラックスだ。マツコは太っているだけでなく、女装家、毒舌家、人情家といったキャラクターの「全部のせ」状態であるため、いわゆるぽっちゃりタレントとは認識されていない。

「健全・不健全」という二元論を超越した存在

だが、「マツコの知らない世界」でいろいろなものを食べて率直な感想を言ってのけるマツコは、紛れもなく「ぽっちゃりタレントの伝統芸」を受け継いでいる人間である。彼女はすでに「健全・不健全」という二元論を超越した存在であるため、今さら世間から非難されることもない。

逆に言えば、マツコぐらい突き抜けた存在にならないかぎり、これからの時代にぽっちゃりタレントが生き残っていくのは難しいということだ。「太っている」という欠点すら個性として活かせるのが芸能界の面白いところだったわけだが、そういう考え方もしだいに通用しなくなってきている。テレビというメディア自体が、「不健全」や「不謹慎」というぜい肉を切り離してどんどんスリムになっているのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT