ノーベル医学生理学賞、体内時計研究の3氏に

体内時計を制御する分子メカニズムを発見

 10月2日、スウェーデンのカロリンスカ研究所は、2017年のノーベル医学生理学賞を、体内時計を制御する分子メカニズムを発見した米国生まれの科学者3人に授与すると発表した。受賞したのはジェフリー・ホール、マイケル・ロスバッシュ(写真)、マイケル・ヤングの3氏(2017年 ロイター/Brian Snyder)

[ストックホルム 2日 ロイター] - スウェーデンのカロリンスカ研究所は、2017年のノーベル医学生理学賞を、体内時計を制御する分子メカニズムを発見した米国生まれの科学者3人に授与すると発表した。

受賞したのはジェフリー・ホール、マイケル・ロスバッシュ、マイケル・ヤングの3氏。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。