『留学は本当にキャリアにプラス?』(34歳男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

『留学は本当にキャリアにプラス?』(34歳男性)

終身雇用の崩壊、成果主義の導入などにより、日本人の「働き方」は激変。その結果、自身のキャリアに迷えるビジネスパーソンは増えていくばかりだ。これまでの古い「昭和的価値観」から抜けだし、新たな「平成的価値観」を身に付けるためにどうすればいいのか。日本の人事制度を知り尽くした城繁幸氏が、あなたの悩みにお答えします。

CASE:42

『留学は本当にキャリアにプラス?』(34歳男性)

 <相談者の悩み>

 はじめまして。医薬品メーカーの学術部門でマーケティングを担当している34歳のものです。社内でのキャリアパスに関する相談です。

 当社には企業派遣でのMBA留学制度があり、枠は少ないのですが、自分としてはぜひ利用したいと考えています。医薬品業界もグローバル化の波は押し寄せており、今後は海外企業も含めた形での再編は十分起こりえる話です。そんな中で少しでも自分の市場価値を高めておきたいという思いは強く持っています。

 ただ、気になるのは留学後の社内でのキャリアパスについてです。上司からは、「どうしてもと言うなら推薦はするが、海外留学自体はけして社内的にはプラスにはならない」とアドバイスされています。

 実際、過去15年くらいの間に同制度を利用した社員で、それほど目だって活躍している方は見かけません。それどころか、留学後5年以内に転職する人間の方が多いほどです。

 そこで質問なのですが、日本企業で留学した場合、キャリア形成にはどのような影響が考えられるのでしょうか?

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。