『留学は本当にキャリアにプラス?』(34歳男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

『留学は本当にキャリアにプラス?』(34歳男性)

終身雇用の崩壊、成果主義の導入などにより、日本人の「働き方」は激変。その結果、自身のキャリアに迷えるビジネスパーソンは増えていくばかりだ。これまでの古い「昭和的価値観」から抜けだし、新たな「平成的価値観」を身に付けるためにどうすればいいのか。日本の人事制度を知り尽くした城繁幸氏が、あなたの悩みにお答えします。

CASE:42

『留学は本当にキャリアにプラス?』(34歳男性)

 <相談者の悩み>

 はじめまして。医薬品メーカーの学術部門でマーケティングを担当している34歳のものです。社内でのキャリアパスに関する相談です。

 当社には企業派遣でのMBA留学制度があり、枠は少ないのですが、自分としてはぜひ利用したいと考えています。医薬品業界もグローバル化の波は押し寄せており、今後は海外企業も含めた形での再編は十分起こりえる話です。そんな中で少しでも自分の市場価値を高めておきたいという思いは強く持っています。

 ただ、気になるのは留学後の社内でのキャリアパスについてです。上司からは、「どうしてもと言うなら推薦はするが、海外留学自体はけして社内的にはプラスにはならない」とアドバイスされています。

 実際、過去15年くらいの間に同制度を利用した社員で、それほど目だって活躍している方は見かけません。それどころか、留学後5年以内に転職する人間の方が多いほどです。

 そこで質問なのですが、日本企業で留学した場合、キャリア形成にはどのような影響が考えられるのでしょうか?

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT