「女神の見えざる手」が描くロビイストの裏側

東洋経済オンライン読者限定試写会を開催!

敏腕女性ロビイストを演じる、ジェシカ・チャステイン。銃規制法成立のために、手段を選ばず奔走する(東洋経済オンライン読者独占試写会への応募はこちら)© 2016 EUROPACORP – FRANCE 2 CINEMA

特定の団体や企業、国家などの活動に有利に働くよう根回しを行う「ロビイスト」。それをフォーカスした映画、『女神の見えざる手』が10月20日より全国公開される。銃規制法案という生々しいトピックを題材に、彼らの知られざる実態に迫る内容となっている。

銃規制法案をめぐるロビイストの活動を描く

10月4日(水)に読者限定試写会を開催します(上記バナーをクリックすると応募画面にジャンプします)

監督は、米国アカデミー賞で作品賞を含む7部門を受賞した『恋におちたシェイクスピア』のジョン・マッデン。そして主演には、『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたジェシカ・チャステインを迎えた。

ロビイストのルーツは第18代アメリカ合衆国大統領ユリシーズ・S・グラント(任期は1869~1877年)の時代にさかのぼる。

グラント大統領は愛煙家だったが、妻からはホワイトハウスでの喫煙を禁止されていた。そこで彼はホワイトハウスの近くにあるウィラード・インターコンチネンタル・ワシントンホテルのロビーでたばこを吸うことになったのだが、そこに大統領が出没することを知った関係者がホテルのロビーに集まり、陳情を行うようになったことから「ロビー活動」が始まったといわれている。

ロビイング開示法(LDA)という法律に基づいてアメリカで登録されているロビイストは約3万人といわれている。今では、「ロビイスト」は政権の決断に影響を与え、世論をも左右する存在としても注目されている。

次ページ敏腕女性ロビイストが主人公
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。