7月有効求人倍率、0.01ポイント上昇の1.52倍

43年5カ月ぶりの高水準に

 8月29日、7月の完全失業率(季節調整値)は2.8%で6月から横ばいとなった。都内で21日撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 29日 ロイター] - 総務省が29日発表した7月の完全失業率(季節調整値)は2.8%で、前月から横ばいとなった。3%を下回るのは2カ月連続。厚生労働省が発表した同月の有効求人倍率(季節調整値)は1.52倍と1974年2月以来、43年5カ月ぶりの高水準で、雇用情勢は改善基調が継続している。

完全失業率は、ロイターの事前予測調査で2.8%と予想されていた。

季節調整値でみた7月の就業者は前月比14万人増の6545万人だった。完全失業者は同1万人増の190万人。非労働力人口は同6万人減の4367万人となった。

この結果、完全失業率は2.8%と前月から横ばい。1994年以来、23年ぶりの低水準での推移となっている。完全失業者は男性が同8万人増となったが、総務省によると、自発的に離職する人の増加が要因という。

有効求人倍率(季節調整値)は1.52倍と前月の1.51倍から上昇した。ロイターの事前予測調査では1.52倍が見込まれており、結果はこれと一致した。有効求人数は前月比0.0%減、有効求職者数は同0.4%減だった。新規求人倍率は2.27倍で、前月から上昇した。

*内容を追加しました。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT