米ヒューストン洪水、救助求める投稿が殺到

ネットに市民の投稿相次ぐ

 8月27日、ハリケーン「ハービー」に見舞われ、洪水が発生している米テキサス州ヒューストン地域では、豪雨のなか、孤立した住宅から救助を求める投稿がソーシャルメディアに相次いで寄せられた。写真はテキサス州コーパスクリスティの避難所で撮影(2017年 ロイター/Adrees Latif)

[27日 ロイター] - ハリケーン「ハービー」に見舞われ、洪水が発生している米テキサス州ヒューストン地域で27日、豪雨のなか、孤立した住宅から救助を求める投稿がソーシャルメディアに相次いで寄せられた。

当局は、住民200万人に対し、危険のある屋外に出ず住宅に留まるよう求めている。一方、住民7万人がフェイスブック上でグループ「Hurricane Harvey 2017」を作成し、多くが救助を求めて投稿している。

必要ならば斧で天井を破って屋根の上へ

非常事態当局は水位上昇の際は屋根に上るよう勧告しているが、多くのヒューストン市民は屋根裏部屋に避難し、必要なら斧で天井を破って脱出する体制を取っているという。

27日午前までに車や住宅から救助された人は1000人を超え、アボット・テキサス州知事は救助ヘリを増強するとしている。

ネットでは緊急ダイヤルの911がつながらない、もしくは救助に数時間かかると言われたなどの投稿が相次いでいるが、ヒューストンのターナー市長は、洪水の被害が最も深刻な地域を優先して救助にあたっていると説明。ツイッターで「911は機能している。人命にかかわる事態を優先してください」と投稿した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。