ザッカーバーグ氏、2カ月の育児休暇を取得へ

休暇を分割してとる制度を利用

8月18日、米フェイスブック(FB)のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、第2子となる女の子の誕生後、2カ月の育児休暇を取得することを明らかにした。同社は休暇を分割してとることを認めており、その制度を利用する。写真は4月撮影(2017年 ロイター/Stephen Lam)

[18日 ロイター] - 米フェイスブック(FB)のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は18日、第2子となる女の子の誕生後、2カ月の育児休暇を取得することを明らかにした。同社は休暇を分割してとることを認めており、その制度を利用するという。

「まず、(妻の)プリシラや娘たちと過ごすため1カ月の休暇を取り、その後12月も家族と一緒にいるため休む」と自身のフェイスブックに投稿した。

ザッカーバーグ氏は2015年、長女のマキシマちゃんが誕生した後も2カ月の育児休暇を取得した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。