ザッカーバーグ氏、2カ月の育児休暇を取得へ

休暇を分割してとる制度を利用

8月18日、米フェイスブック(FB)のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、第2子となる女の子の誕生後、2カ月の育児休暇を取得することを明らかにした。同社は休暇を分割してとることを認めており、その制度を利用する。写真は4月撮影(2017年 ロイター/Stephen Lam)

[18日 ロイター] - 米フェイスブック(FB)のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は18日、第2子となる女の子の誕生後、2カ月の育児休暇を取得することを明らかにした。同社は休暇を分割してとることを認めており、その制度を利用するという。

「まず、(妻の)プリシラや娘たちと過ごすため1カ月の休暇を取り、その後12月も家族と一緒にいるため休む」と自身のフェイスブックに投稿した。

ザッカーバーグ氏は2015年、長女のマキシマちゃんが誕生した後も2カ月の育児休暇を取得した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。