輸入代金払われず、キューバ貿易が停止に

拡大
縮小
輸入代金払われず、キューバ貿易が停止に

キューバ共和国が日本に対する輸入代金を支払えない事態に陥っている。日本企業が決済に利用するキューバ国立銀行からの代金支払いが滞り始めたのは6月ころ。独立行政法人・日本貿易保険は8月5日、同行の貿易保険の扱いを停止。11日には同行と中央銀行の首脳が来日、「国としての決済資金が足りなくなった」との説明があった。このため15日には非常事故を適用。被保険者は約10社で債権額は200億円弱。大手商社は「かなり前から直接取引はない」ため、中堅中小商社がほとんどだ。

その一つ、明和産業は医療機器などの代金約9億円が取り立て不能になった。ただ、貿易保険で97・5%カバーされるため、「為替次第だが損益計算書上は影響が出ない」。キューバはソ連崩壊後にも輸入代金の支払い遅延が発生。8年前に約130億円を10年程度で繰り延べ払いすることで合意、貿易保険の引き受けも再開されていた。今回は「資源高で経済が苦しくなったのではないか」(外務省中米カリブ課)とみられる。

(山田雄大 =週刊東洋経済)

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT