輸入代金払われず、キューバ貿易が停止に

輸入代金払われず、キューバ貿易が停止に

キューバ共和国が日本に対する輸入代金を支払えない事態に陥っている。日本企業が決済に利用するキューバ国立銀行からの代金支払いが滞り始めたのは6月ころ。独立行政法人・日本貿易保険は8月5日、同行の貿易保険の扱いを停止。11日には同行と中央銀行の首脳が来日、「国としての決済資金が足りなくなった」との説明があった。このため15日には非常事故を適用。被保険者は約10社で債権額は200億円弱。大手商社は「かなり前から直接取引はない」ため、中堅中小商社がほとんどだ。

その一つ、明和産業は医療機器などの代金約9億円が取り立て不能になった。ただ、貿易保険で97・5%カバーされるため、「為替次第だが損益計算書上は影響が出ない」。キューバはソ連崩壊後にも輸入代金の支払い遅延が発生。8年前に約130億円を10年程度で繰り延べ払いすることで合意、貿易保険の引き受けも再開されていた。今回は「資源高で経済が苦しくなったのではないか」(外務省中米カリブ課)とみられる。

(山田雄大 =週刊東洋経済)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。