風見しんごが初告白した「娘の死」からの10年

さらなる悲劇、それでも家族は強く生きる

「ちょっと前まで凄くちっちゃかったのに、有り難いですよね。こうやってみんなで一緒にいられて!」(尚子さん)

「いつも、お仕事一人で頑張ってくれて、ありがとう」(ふみねちゃん)

「いいえ」(風見さん)

「いつもありがとう」(ふみねちゃん)

「(涙)えみるの話で泣かなかったのに」(尚子さん)

ふみねちゃんは「あの人との約束」を果たすべく、アメリカに渡った

ふみねちゃんが今、夢中になっているのはダンスと演劇。将来は舞台女優になりたい、と日々レッスンに励んでいる。実は、彼女が女優を目指すキッカケは風見さんの恩人でもある「あの人との約束」だった。

長女・えみるちゃんとの、突然の別れからわずか2週間。風見さんは、その傷も癒えぬまま、明治座で舞台に立っていた。楽屋でも、どことなく重い空気が漂う中、ムードメーカーになってくれたのが、他ならぬふみねちゃんだった。

「欽ちゃん」からかけられた言葉

そんなふみねちゃんは、父に連れられ、ある人の楽屋へ挨拶に連れて行かれると、そこにいたのは舞台の座長を務めていた「欽ちゃん」こと、萩本欽一さんだった。すると、ふみねちゃんは突然…

「ねぇ欽ちゃん、、」(ふみねちゃん)

「ん?」(萩本さん)

「私も、舞台に出たい!」(ふみねちゃん)

ふみねちゃんの無邪気なお願いに欽ちゃんはこう答えたという

「じゃ、、、英語ができるようになったらね!英語が話せないとダメな時代がきっとくるから!」(萩本さん)

この言葉を聞いた、ふみねちゃんはすぐに「英語を学びたい!」と。

そして今年1月、欽ちゃんとの約束を守りアメリカへの留学を決めたのだ。愛娘の決断に、尚子さんは…

「一回じゃないですか、人生。だから後悔しないようにもうやりたいことは、やりたいようにやらせてあげたいし、全然、反対とかはないです。よかったなぁって思いました反対に、夢があって!」(尚子さん)

そんな尚子さんもまた、「私も英語を学びたい!」と、娘と共に渡米!ふみねちゃんと同じ世代の子どもたちに混ざりながら、英語の勉強に励んでいる。

「今度は本当に私が頑張る番なので!一生懸命生きて行って、いつかえみるに会った時に…ハハ頑張ったね!って言ってもらうのを目標に」(尚子さん)

こうして、逆単身赴任生活となった風見さん。

寂しくはないか、最後に聞いてみると…

「彼女たちは見つけたみたいなんですよ!これをやりたいんだ!これに向かって頑張るんだという時の目は、キラキラした目をしているので…。これを、僕寂しいから…っていうのだけではもう止められないんですよ」(風見さん)

風見ファミリーの時計は今、確実に動き始めている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。