風見しんごが初告白した「娘の死」からの10年

さらなる悲劇、それでも家族は強く生きる

「バタバタはしてましたけど、そのバタバタが楽しいというか幸せな時間でしたね」(尚子さん)

まさに絵に書いたような幸せな家庭。そんな一家を“あの悲劇”が襲う。

長女が突然の交通事故死

その日は、いつもと変わらぬ朝だった。いつものように、尚子さんは長女えみるちゃんが大好きな「ツナサンド」をつくり、学校へ送り出し。その幸せな日常のひとコマはわずか数分後に崩れ去った。

娘を送り出し、ホッとしている尚子さんの下に来た1本の知らせ。えみるちゃんが交通事故に遭ったという。慌てて、眠る夫を叩き起こし、夫婦は事故現場へと走った。
  

尚子さんと2人の娘。幸せな家庭をあまりにも不憫な事故が襲った

「どこかケガをして、泣いていたりするのかなという気持ちで行ったんですけれど、行ったらどこにもいなくて……」(尚子さん)

「(事故を起こした車は)まだエンジンがかかったままで不自然な形で停まっていました。車の下をのぞいたら後輪の間から足が見えて…。履いていたスニーカーが僕がえみるに買ってやったスニーカーだったので……あ、ここにいたのかと思って……」(風見さん)

病院に運ばれた時、すでにえみるちゃんの心臓は停止寸前だった。

「頑張って!」

「えみる!」

「お願い!頑張って!」

夫婦は何度も何度も、返事のない娘に呼びかけた。

「事故にあったのが8時8分だったんですけど、最後、息を引き取ったのが9時33分だから、約1時間半。すごく頑張ってくれた。頑張ってくれました。あんな小さな体でね…」(風見さん)

享年10。あまりにも突然すぎる、愛する娘との別れ。

妻・尚子さんには、拭い去れない「後悔」がある。

愛娘との突然の別れ・・・尚子さんは最後にかけた言葉を「後悔」している。『結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち』(TBSテレビ系)次回は8月21日(月)夜7時から放送です

「どうして最後ぐらい、『もう頑張らなくてもいいよ』って言ってあげられなかったんだろう」(尚子さん)

尚子さんは、えみるちゃんが幼い頃から、えみるちゃんに「頑張れ!」と言ってきた。

「それこそハイハイするのも頑張れ!立っちするのも頑張れ!頑張ってお友達いっぱい作ってね!勉強も頑張って!明日のテスト頑張るのよ!運動会頑張ってね!って、ずっと頑張れ頑張れって言い続けてしまったので」(尚子さん)

あの事故の日も、尚子さんは必死に「頑張れ」と声をかけ続けた。その母の呼びかけに応えるかのように、えみるちゃんは心肺停止となったあと、一瞬だけ、息を吹き返したという。

次ページ苦しんでいたのは夫婦だけではなかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。