風見しんごが初告白した「娘の死」からの10年

さらなる悲劇、それでも家族は強く生きる

「最後ぐらい、頑張らなくてもいいよ!って言ってあげられたら良かったかなって。後悔してます……」(尚子さん)

深い悲しみと後悔に打ちひしがれる日々。しかし、苦しんでいるのは夫婦だけではなかった。そのことを尚子さんは意外な形で知ることになった。

自分を「えみる」だと言い出した「ふみね」ちゃん

ある日、次女のふみねちゃんを散歩に連れて行くと、通りすがりの女性から「お名前は?」と話しかけられた。するとふみねちゃんは…

「えみる」(ふみねちゃん)

「違うでしょ ふみねでしょ」(尚子さん)

「ううん わたし えみる!」

「だって、えみるがいれば大人は泣かなくなるでしょ?だから私がえみるになるの」(ふみねちゃん)

大好きな姉を突然失った妹。幼心に両親を気遣っていた

「凄く可哀想なことをしたなと思います。まだ3歳のふみねにとって、えみるは憧れの存在だった。その凄く大きな存在がいなくなったのに、私はいっぱいいっぱいで、大きいものを一人で抱え込ませてしまった。」(尚子さん)

夫婦はようやく、守るべき大切なものに気がついた。「ごめんな、ふみね。全然、気付いてやれなかった」。風見さんが謝ると、ふみねちゃんはその小さな手を伸ばし、「いい子、いい子。チチはいい子。だから泣かないで」と風見さんの頭を撫でたという。

「自分より小さい子にするように…いい子いい子、いい子いい子ってやってくれてね。今思うとね、あんな小さい子供に随分助けてもらいましたよ」(風見さん)

そんな娘をみた尚子さんは、ある決意を固める。

「私 いつか天国へ行った時、えみるに会えた時“頑張ったね”って言ってほしい。だからね、私、ふみねのためにやれることは全部やってあげたい。全部を頑張るって決めたの。それがこれからの私の生き方」(尚子さん)

「とにかくふみねを一生懸命育てて、ふみねはお姉ちゃんの分まで頑張るんじゃなくて、えみるの分は私が頑張る。ふみねはとにかく元気で、頑張らなくていいよって言い続ける」(尚子さん)

吉報はふみねちゃん(写真中央)が望んでいたことでもあった

こうして、ふみねちゃんから前を向くキッカケをもらった妻、尚子さん。そこへ、新たな希望の光が差し込んだ。

長女の死からちょうど1年後、なんと尚子さんのお腹に新たな命が宿った。それは、ふみねちゃんがずっと望んでいたことでもあった。奇しくも、その妊娠がわかったのが、えみるちゃんの1回目の命日の頃。尚子さんは「きっと…えみるが連れて来てくれたんだ」と思い、凄く嬉しかったという。

「ちょっと次女に迷惑をかけた分、ああ、これでちょっと次女にある意味恩返しじゃないですけど…できるかなぁなんて。」(風見さん)

それはあの日以来、家族がはじめて心から喜べる出来事だった。

次ページ妊娠5カ月で発覚した衝撃の事実
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。