テーラー・スウィフトに敗訴のDJ、痴漢認定

本人は「絶対触ってない」と否定

 8月15日、米歌手テイラー・スウィフトさんへの痴漢行為を巡り、米連邦地裁が賠償金を支払うよう命じたラジオDJのデビッド・ミューラー氏があらためて疑惑を否定した。写真はミューラー氏の法廷内スケッチ(2017年 ロイター/Jeff Kandyba)

[ロサンゼルス 15日 ロイター] - 米歌手テイラー・スウィフトさんへの痴漢行為を巡り、米連邦地裁が賠償金を支払うよう命じたラジオDJのデビッド・ミューラー氏が15日、「絶対触ってない」とあらためて疑惑を否定した。

スウィフトさんは裁判で、2013年のコンサート前のイベントでミューラー氏とそのガールフレンドと写真撮影した際、ミューラー氏にお尻をつかまれたと主張。連邦地裁は14日、スウィフトさんが求めた1ドルの賠償金支払いをミューラー氏に命じた。

ミューラー氏は15日に出演した米ABCテレビの番組で、「彼女のスカートの下に手を入れるなんて絶対なかった。ポリグラフ(うそ発見器)にもパスできる」と強調した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT