「原状復帰」できる壁紙テクをマスターしよう

週末DIYでここまでやれる

「紙と不織布で、それぞれ使うノリや塗り方が違います。今回紹介するのは、『スーパーフレスコイージー』。このノリはどちらの壁紙にも使えるのですが、紙の場合はノリの水分を吸い取って壁紙が少し膨張するため、壁紙に塗ってしばらく染み込ませる必要があります。不織布の場合は、壁に直接塗ってください。不織布の壁紙には、塗って12時間置くと付箋のりのようになる『マタハルくん』がオススメです」

いずれもすでに貼ってある国産のビニール壁紙の上から貼れ、後々剥がしたときにはさっと水拭きするだけで後残りしないのだとか。

必須ツールは、お手軽なセットも

そしてツールについても、手軽なセットが売っている。DÉCOR TOKYOでは、ノリようのバケツからローラー、ハケや各種ヘラに、貼って剥がせる粉ノリまで付いたセットが3000円代で販売されている。

さて、一式揃えたなら、いよいよ塗り方だ。たとえば壁にノリを塗る場合、まず溶かしたノリをまんべんなく壁に塗るところからスタートする。ローラーを使うと、均一に塗れて効率がいいとか。

次ページ壁の隅はハケを使って
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT