米ウーバー主要株主対立、一部が創業者提訴

ベンチャーキャピタルが取締役辞任を要求

 8月11日、米配車サービス大手ウーバーで、主要株主間の対立が先鋭化しつつある。写真は同社のロゴ。台北で4月撮影(2017年 ロイター/Tyrone Siu)

[サンフランシスコ 11日 ロイター] - 米配車サービス大手ウーバーで、主要株主間の対立が先鋭化しつつある。発端は、大株主でベンチャーキャピタル(VC)のベンチマーク・キャピタルが、ウーバー創業者のトラビス・カラニック氏を10日に提訴したことだった。ベンチマークは、カラニック氏がウーバーで起きた一連の不祥事を隠ぺいしていたなどと批判し、最高経営責任者(CEO)を退いた後もとどまっている取締役から辞任するよう求めている。

ベンチマークは6月にカラニック氏をCEO辞任に追い込んだ株主の1つだった。

これに対して別の大株主グループは11日付の株主や取締役会宛ての書簡で、ベンチマークがウーバー取締役会から退き、今後新たな取締役を指名する権利を得られなくなるように持ち分を縮小するよう要求した。

同グループは、ベンチマークが起こした訴訟はウーバーの企業価値を損ね、資金調達を妨害し、カラニック氏の後任となる次期CEO探しを難しくしていると指摘した。

VCが出資先企業の最有力経営者を訴えるのも、仲間の出資者が別の出資者を追い出そうとする動きも、極めて異例の事態だ。ロイターが確認したウーバーの一部取締役メンバーの社員宛てメモによると、取締役会はベンチマークとこれらの大株主グループに対して問題解決に協力するよう呼び掛けるとともに、仲介に動いているという。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT