世界が注目する「ロボティクス家具」とは何か

船場からニューヨーク・デンマークへ進出

デンマーク外務省によるコーディネートで、デザイナー、技術系企業、医療介護施設、自治体、消費者などさまざまな企業団体との連携によるプロジェクトです。

単なる商品単体ではなく、介護施設全体のコンセプトモデルを共同開発しようという、気宇壮大な試みがスタートしたのです。

船場で起業してよかったか

I&Cの本社前景(筆者撮影)

最後に少し聞きにくい質問ですが、「世界をターゲットにした企業になられましたが、大阪で起業したことはプラスでしたか」と尋ねてみました。

佐田社長は次のように答えました。

「たいへんにプラスでした。東京に比べてベンチャー企業が少なく、行政や各種団体の支援も受けやすかったです。また、人的ネットワークも構築しやすく、この点でも大いに助かりました」

大阪の片隅から、行政、各種団体の支援を受け、ニューヨーク、デンマークといったインテリア先進地域に進出することができたのです。

そして世界の中でも洗練されたデザイン性が、I&Cのロボティクス家具に加われば、その設備を導入した介護施設や病院も、従来ありがちな暗い雰囲気を払拭できるはずです。I&Cの「人に寄り添う」家具が、施設入居者や病人の気持ちを少しでも明るくするよう、今後の展開に期待したいと思います。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • イマドキのLINE事情
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。