そこかしこに「アマゾンの影」が伸びている

アメリカの有力企業が避けて通れぬ懸案に

アマゾンによるホールフーズ買収は、小売業者やスーパーマーケット、食品サプライチェーンに関係する企業を揺さぶった。また、アナリストが不動産投資トラストや銀行にも食品雑貨店(向け融資)への影響を尋ねる一方、冷蔵設備メーカーのドーバー<DOV.N>やパッキング用品のシルガン・ホールディングス<SLGN.O>も買収について質問を受けた。

「今の段階では、誰もがその質問をしているようだ」と、ホールフーズ買収を受けた電子商取引の影響について尋ねられたシルガンのアンソニー・アロットCEOは答え、今回の買収は機会と考えていると付け加えた。

ウォール街でも巨大な反響

アマゾンは、ウォール街でも巨大な反響を巻き起こしている。

データ分析プラットフォームのストリート・コンテクストによると、今月出された銀行の調査ノートや売買コメンタリーで、アマゾンへの言及はマイクロソフト<MSFT.O>やアップルへの倍近くで、アルファベットの3倍だった。また、一般的な企業平均の17倍近くの頻度で言及されていた。

キーバンク・キャピタル・マーケッツの株式アナリスト、ジェフ・ハモンド氏は、投資家は、さまざまな製品の卸売業者がアマゾンに弱いのではないかと懸念していると指摘する。

「差別化がされていない日用品で、定価が高く、輸送しやすいものについては、アマゾンに競争力があるだろう」とハモンド氏は言う。

アマゾン関連の質問の質問に慣れっこの企業幹部もいる。

研究室向けラボ設備などを扱うサーモフィッシャーサイエンティフィック<TMO.N>の幹部は、アマゾンの影響について、5年ほど前からたびたび質問されてきた。同社CEOは今月、電子商取引部門とサプライチェーンへの投資を発表した。

「われわれは、アマゾンをとても深刻にとらえている。これまでもずっとそうしてきた」と、同社のマーク・キャスパーCEOは話した。

(Lewis Krauskopf 翻訳:山口香子 編集:伊藤典子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT