コマツ、4―6月期の営業利益は76%増

中国の売り上げ倍増、今期予想は据え置き

 7月28日、コマツが発表した2017年4―6月期連結決算(米国会計基準)では、営業利益が前年同期比75.9%増の524億円となった。建設機械・車両部門で中国の売上高が倍増するなど各地の増収効果が寄与した。写真はラスベガスで3月撮影(2017年 ロイター/David Becker)

[東京 28日 ロイター] - コマツ<6301.T>が28日発表した2017年4―6月期連結決算(米国会計基準)では、営業利益が前年同期比75.9%増の524億円となった。建設機械・車両部門で中国の売上高が倍増するなど各地の増収効果が寄与した。純利益は同2.3倍の364億円だった。2018年3月期の連結業績予想は据え置いた。

4―6月期の売上高は同44.2%増の5612億円。インフラ工事が全国的に進行した中国では引き続き一般建機の需要が拡大し、売り上げが伸びたほか、インドネシアなどでも好調だった。4月に買収を完了した米国の鉱山機械大手ジョイ・グローバル社(新社名:コマツマイニング)を新規に連結した効果もあった。

今期の連結営業利益予想は前期比10.4%減の1560億円。トムソン・ロイターが集計したアナリスト21人の予測平均値は1849億円となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。