日産自動車、4―6月期営業利益12.8%減

米国市場がイマイチ、販売費用拡大も響く

 7月27日、日産自動車が発表した2017年4―6月期連結決算では、営業利益が前年同期比12.8%減の1533億円だった。写真は横浜本社で5月に撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[横浜市 27日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>が27日発表した2017年4―6月期連結決算では、営業利益が前年同期比12.8%減の1533億円だった。原材料価格の高騰や販売費用の拡大などが響いた。ただ、業績は想定通りに推移しており、18年3月期の連結業績予想は従来のまま据え置いた。

会見した田川丈二常務執行役員は、4―6月期は、米国市場の鈍化や欧州でのモデルチェンジのタイミングの影響などで減益だったものの、「好調な国内販売やコスト削減でマイナス要因を相殺し、総じて想定通りの業績となった」と述べた。

今期の営業利益予想は前期比7.7%減の6850億円。トムソン・ロイターが集計したアナリスト21人の予測平均値は7332億円となっている。

 

 

(白木真紀)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT