ユニバーサル創業の岡田氏、家族を「提訴」 

突然の解任に激怒、「お家騒動」は泥沼化へ

 7月3日、ユニバーサルエンターテインメントの創業者、岡田和生氏(74)が同社および筆頭株主である「岡田ホールディングス合同会社」(岡田HD、本社:香港)の取締役を解任された問題を巡り、自らの事業継承者としてきた長男、長女、妻を相手取って、香港の裁判所に訴訟を起こしたことがロイターの調査とインタビューでわかった。写真は29日都内で撮影(2017年 ロイター)

[東京 3日 ロイター] - ユニバーサルエンターテインメント<6425.T>の創業者、岡田和生氏(74)が、同社および筆頭株主である「岡田ホールディングス合同会社」(岡田HD、本社:香港)の取締役を解任された問題を巡り、自らの後継者としてきた長男のほか、長女、妻を相手取り香港の裁判所に訴訟を起こしたことが、ロイターの調査と岡田氏へのインタビューでわかった。

同氏は訴訟の詳細を明らかにしていないが、ロイターとのインタビューで「和解に向けたチャンス」と述べ、自身に降りかかった「お家騒動」を話し合いで解決したいとの胸中を語った。

ロイターが香港で確認した訴訟情報によると、岡田氏が訴えたのは自身の長男である知裕氏と長女の裕実氏、妻の幸子氏、および岡田HD。訴訟の詳細は閲覧できなかった。

突然の取締役解任、知らされたのは決定後

岡田HDはユニバーサルの安定株主として設立され、今年3月末時点で同社の69.02%(3月末時点)を握る筆頭株主となっている。インタビューで和生氏は、1993年ごろに家族に岡田HDの株式を分け与え、長男の知裕氏には事業承継者の候補として、株式を多めに渡したと語った。

この結果、岡田HDの議決権の53%は現在、知裕氏と裕実氏が保有している。これに対し、和生氏の保有比率は46.4%。過半の議決権を和生氏以外の家族が持っており、岡田HDの取締役人事は和生氏の同意がなくても議決できる。実際に、和生氏は自身の意に反して、岡田HDとユニバーサルの取締役を解任された。

岡田氏によると、岡田HD取締役から5月12日付で解任されたことを同18日まで知らされなかった。同23日に開催されたユニバーサルの取締役会で突然、ユニバーサルの取締役の解任も通告されたという。

6月29日に開催されたユニバーサル定時株主総会は、和生氏の取締役からの退任を決めたが、これはユニバーサルの筆頭株主である岡田HDが賛同したためだ。

自身の解任について和生氏はインタビューで、家族以外の人材が岡田HD取締役に起用され、「(望ましい経営が)侵害された」との見方を示した。さらに「この(HDの)中で反乱が起きたら、一番安定するはずの(経営の)根底が崩れてしまう」とも述べた。

次ページ長男・長女とは連絡取れず
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT