すかいらーくは、なぜ株主優待を3倍にしたか

個人投資家を喜ばせながら、大株主は売却?

カリスマ投資家の内田衛氏が気になったのは、すかいらーくだ(写真:Graphs / PIXTA)

一部の投資家の心配をよそに、株式は総じて堅調。カリスマ投資家の内田衛氏の保有する銘柄も相次いで年初来高値を更新。そんな中で、すかいらーくの筆頭株主で米国投資会社のベインキャピタルがすかいらーく株の追加売却を発表。同社株は売り気配となったが、内田氏は果敢に4000株購入したのだった。いつものように「株日記」で内田氏の投資行動を振り返ってみよう。

リソー教育もJR九州も年初来高値、ちょっと上げすぎ?

この連載の一覧はコチラ

【6月5日(月)】先週末の日経225先物は、30円安の2万0140円。NYダウは、62ドル高の2万1206ドル。1ドル110.39円、1ユーロ124.53円。13時56分、保有株のリソー教育(4714)は50円高の949円を付け、年初来高値を更新し、終値は46円高(5.11%)の945円。

特に材料は見当たらないが、ちょっと上げすぎ。また、13時21分、優待目的保有銘柄のJR九州(9142)は、100円高の3885円を付け、年初来高値更新、終値は85円高の3870円。昨年の10月に売り出し価格2600円で100株保有しているが、3月期末配当38.5円を考慮すれば、株価は1.5倍を達成した。他のJR上場3社(東日本、西日本、東海)と比較すると、PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)からみた割安度はなくなってきているので、そろそろ売ってもいい水準かも。しかし、こんなに上がるとは思わなかったな。日経平均は、6円安の2万0170円。

【6月6日(火)】午前5時半、日経225先物は、10円安の2万0140円。NYダウは、22ドル安の2万1184ドル。日経平均は、190円安の1万9979円と早くも2万円割れ。

【6月7日(水)】午前5時半、日経225先物は30円安の1万9940円、NYダウは、47ドル安の2万1136ドル。12時35分、優待目的保有銘柄のビックカメラ(3048)が47円高の1238円を付け、5月26日に付けた1220円を超え、年初来高値を更新。信用倍率を見ると、0.60倍と売り長で売り方は苦しい展開で、逆日歩0.15円(3日分)が付いている。終値は26円高の1217円。日経平均は、4円高の1万9984円。

【6月8日(木)】午前5時半、日経225先物は、60円高の2万0010円。NYダウは、37ドル高の2万1173ドル。実質GDP(1~3月改定値)は、年率1.0%に下方修正と報道。日経平均は、75円安の1万9909円。

次ページ東芝の上場は維持されるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT