いま琴線に触れる「料理をめぐる小説」3選

人気作家・柚木麻子さんが推薦

『夜会服』は、簡単に言うととんでもない姑(社交界の華:滝川夫人)から、ヒロインの絢子が散々マウンティングされまくる話。素敵な料理で鮮やかに戦いを終わらせるのですが、姑をやっつけるのではなく、適度な距離感を見つけて振る舞うのがすごく今っぽい。日本の殺人事件を調べるようになって、日本の家父長制が原因になっていることが多いと感じます。

家の恥をなんとか外に漏れないようにしたいと思ったり、なんとか家族の形を手に入れようと思ったり。失敗が許されないように感じて、適量がわからなくてアワアワして、自信ありげな人にだまされるのが今の時代。自分に合う料理や味、ベストな体型、似合う服やメイク、パートナーがわかるまで、失敗とか見苦しさって避けられない。逆に言うと、“適量”さえわかれば、自由に生きやすい時代です」

“料理教室に今すぐ行きたくなる3冊”

シスターフッド精神にあふれたストーリー

『ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室』

キャスリーン・フリン/村井理子訳 ¥1480/きこ書房

「料理上手=家庭的という考えから自由になれているのがいいなと思います。失敗を恐れず、みんなでどんどん飛び込んでいくとか、結果的に料理上手になれるコツにあふれてる。日本もアメリカと同じように、レトルト食品文化が刷り込まれているのは気をつけたい」

ぶきっちょだからこそ開かれる道もある!

『大おばさんの不思議なレシピ』

柏葉幸子作/児島なおみ絵 ¥700/偕成社

「松田青子さんの書かれている解説もすごく好きです。料理をはじめぶきっちょな美奈だけど、へたくそな料理を魔界に持っていって、“破れている”“焦げている”とか文句をつけられながら、勇敢にもそのマイナスポイントを生かして成功につなげていくんです」

次ページマウンティングの激しい姑
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。