米記者の「佐藤琢磨批判ツイート」が物議

デンバー・ポスト紙は謝罪文を掲載

 5月30日、米国の自動車レース、第101回インディ500で佐藤琢磨(写真)が優勝したことについて、米新聞記者が批判的なツイートを投稿し、物議をかもした。米インディアナ州インディアナポリスで29日撮影(2017年 ロイター/Brian Spurlock-USA TODAY Sports)

[デンバー 30日 ロイター] - 米国の自動車レース、第101回インディアナポリス500マイル(インディ500)で佐藤琢磨(40)が優勝したことについて、米新聞記者が批判的なツイートを投稿し、物議をかもした。

佐藤は28日の同レースで日本人初優勝を達成。これに対し、米紙デンバー・ポストのベテランスポーツ記者、テリー・フレイ氏は「個人的な批判をするつもりはないが、メモリアルデー(戦没者追悼記念日)の週末に日本人ドライバーがインディ500で優勝したことはとても不愉快」とツイートした。

しかし同氏はソーシャルメディア上の反応を受け、同日に「佐藤琢磨に謝りたい」とツイート。「第二次世界大戦での敵国のひとつ(日本)を引き合いに出したのは馬鹿げていた」と謝罪した。かつて同氏の父親が日本軍と戦ったのだという。

デンバー・ポスト紙は29日、ウェブサイト上に謝罪文を掲載。詳細は明かされていないが、フレイ氏はもう同紙の従業員ではないという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。