「マンション管理人」の人手不足がヤバすぎる

知られざる実態、時給3割増でも集まらない

マンションの管理人の仕事には「3K」のイメージも付きまとう。清掃や設備の点検などは重労働で、住民からのクレーム処理に追われることも少なくない。

業務の一部軽減に機械化も考えられるが、マンションごとに形状が異なり、清掃ロボットなどの導入は簡単ではない。そもそも管理組合側・管理会社側とも投資を行える資金的な余裕がない。

さらなる重責を担うケースも出てきた。

人の命まで守る重責

業界団体であるマンション管理業協会の岡本潮・理事長は、マンションストック630万戸(国土交通省)のうち、「住民の約半分が高齢者、さらに6%程度は認知症」と推計する。東急コミュニティーの雑賀克英社長は、「極論ではなく、マンションの管理人は生活そのものをサポートし、『人の命を守る』役割まで担うようになっている」と解説する。

責任は重いのに待遇はそれほどでもない。管理人の職に人が集まらないのは、こうした側面もある。

当記事は「週刊東洋経済」6月3日号<5月29日発売>からの転載記事です

埼玉県にある約70戸のマンションでは昨年、管理会社から要請のあった管理費の値上げを受け入れた。担い手がいないため、管理時間を短縮するか、値上げを受け入れるかの選択を迫られた結果だった。

2017年には団塊の世代が70代に突入する。ここ数年、マンション管理人は団塊の世代が担ってきたが、これからは60代の人口自体が減っていく。マンション管理人の不足は、生活の場の崩壊にもつながりかねない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。