ワシントン・ポスト紙取得、ベゾスの狙いは?

金銭的利益は度外視か?

8月5日、米紙ワシントン・ポストは、米ネット小売り大手アマゾン・ドットコムの創業者、ジェフ・ベゾス氏に主力日刊紙ワシントン・ポストを含む新聞事業を2億5000万ドルで売却することで合意した。写真は昨年11月、ラスベガスで撮影(2013年 ロイター/Richard Brian)

[5日 ロイター] - 米紙ワシントン・ポストは、米ネット小売り大手アマゾン・ドットコムの創業者、ジェフ・ベゾス氏に主力日刊紙ワシントン・ポストを含む新聞事業を2億5000万ドルで売却することで合意した。新聞各社は広告収入と読者数の減少に直面している。

ワシントン・ポストの株価は時間外取引で5%以上上昇し、約5年ぶり高値を付けた。

ベゾス氏はワシントン・ポストのウェブサイト上に掲載された従業員充てのメッセージの中で、「ワシントンDC、また国全体にワシントン・ポストが果たす重要な役割を認識しており、同紙の価値は変わらない」とコメントした。

そのうえで「今後数年でもちろん、ワシントン・ポストに変化がある。それが肝心で、オーナーチェンジの有無にかかわらず起こったことだ」と指摘。「新しいものを作り出すことが必要で、それは試してみる必要性を意味する」としている。

ベゾス氏は今年に入り、ネット上でニュースを提供するビジネス・インサイダーに出資することを発表し、この分野での足がかりを築き始めていた。

エクイティ・インベストメント・コーポレーションの社長、ジェームス・バークスデール氏は、金銭的な利益を度外視した投資ではないか、としている。

ワシントン・ポストによると、ベゾス氏は個人としてワシントン・ポスト紙などの新聞資産を取得する。アマゾンはこの取引に関与していない。

米経済誌フォーブスの世界長者番付でベゾス氏は19位。個人として手掛けている宇宙関連の事業には数百万ドルを既に投じ、今後も投資を予定している。

今回の買収の動機に関する詳細は明らかにしなかったが、2009年に電子書籍端末の「キンドル2」を投入した際、この端末が出版物の再生に役立つかと問われ、ジャーナリズムを救うことに機会を見出していることを明らかにしていた。

ワシントン・ポストのドナルド・グラハム会長兼最高経営責任者(CEO)は「新聞業界がここ数年直面してきた問題により、ワシントン・ポスト紙にとってもっと良い別のオーナーがいるのではないかと思うようになった」ことから売却を決めたと説明。

グラハム氏は、ベゾス氏が新たなオーナーとして好ましいと思う理由として、ハイテクおよび経営面での才覚や、長期的なアプローチを取っていることなどを挙げた。

ワシントン・ポスト紙のほか、エクスプレス紙などの出版事業が売却される。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT