益子直美が12歳下の夫と乗り越えた死の恐怖

つらい妊活、そして突如襲われた大病

異変はバレーボール部の指導中。ちょっと体を動かしただけなのに息が上がってしまった。診断を受けたところ、医師から告げられた病名は「心房細動」だった。

「心房細動」とは、不整脈のひとつで、心房が痙攣するような症状をいう。直美さんの場合、症状は重篤ではないものの、血管の中に血栓ができ、それが脳に及ぶと脳梗塞、心臓なら心筋梗塞、腎臓なら腎梗塞の原因となる。全身の臓器を侵すリスクがあることから、アメリカでは癌が転移するのと同じ問題だと捉えられている。

このまま放置はできない。直美さんは診察を受けたその日に、手術を行うことを決めた。直美さんが受ける手術は、カテーテルアブレーションと呼ばれるもので、太腿と胸に穴を開け、心臓まで医療用の管を入れる。異常のある部分を電気で焼き、心臓の動きを正常に戻す。

それまで大きな病気をしたことのなかった直美さんは、初めて「死」という言葉を意識した。雅道さんの前では努めて明るく振る舞ったが、心は激しく揺れた。

「50歳になってきて体力も落ちてきてるし、子供も作ってあげられなかったし、おまけに心臓病……ポンコツになっていく。雅道の伴侶が私で良かったのか? 私は何を与えてあげているのか?」

手術を前に妻が夫に伝えた言葉

年の差婚だからこその苦悩。だから、手術を前に、直美さんはノートに自分の思いを書き始めた。この手術のためだけではなく、万が一、自分が先に死んだ時のために。

直美さんは病気発覚からすぐに手術を受けた

今年4月13日午後3時。直美さんの手術が始まった。一旦、病室に戻った雅道さんの目の前には、直美さんが書いたノートがあった。それには、こんなことが書かれてあった。

「私が先に旅立った時のお願い。
 いい人を見つけて再婚してね。そして赤ちゃんを作ってね。
 結婚して10年。正直何回か、離れた方が雅道は幸せなんじゃないかと、
 悩んだことがあります。去年くらいにも。
 でも、最近は雅道も老化が始まってるよね!?
 年を重ねるのが恐かったけど、雅道の老化現象が見られるから
 楽しみに変わったよ!一緒に年を重ねるんだもんね!」

手術開始から2時間半後。心臓の形が一部狭くなっていて難しいところがあったものの、心房細動のスペシャリスト曽原医師の手によって、手術は無事成功した。

直美さんを迎えた雅道さんの第一声は、

「無事でよかった」(雅道さん)

夫が望んでいたのは、それだけだった。ふたりは、これからも一緒に年を重ねていくことだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT