益子直美が12歳下の夫と乗り越えた死の恐怖

つらい妊活、そして突如襲われた大病

しかし、1年経っても、2年経っても、その兆候は現れなかった。不安になった直美さんは病院を訪ねた。検査の結果、キノコのような形をしたポリープが子宮に見つかったのだ。これでは妊娠しないということ。そう診断されて、生まれて初めてお腹にメスを入れた。手術は無事成功したが、直美さんは42歳になっていた。

「40歳で結婚して、やっぱり自力では無理だな。雅道よりは私…、私がやりたいってお願いしました」(直美さん)

不妊治療が始まった。不妊治療は日常生活に大きな負担となる。直美さんの場合、妊娠しやすい体を作るために、毎日、女性ホルモンを投薬。更に、卵子の状態を整える「排卵誘発剤」を自ら注射。婦人科医に聞いてみると「高齢になればなるほど、妊娠しやすい卵子が得られにくくなるので、注射の数は増えます。たいてい毎日ですが、お腹に自分で打つ形になります」

結果の出ない日々、区切ったタイムリミット

だが、打っても打っても結果は出ない。病院で、妊娠していないことを告げられた日は、夫の顔を見るのが辛かった。それでも…。「ただいま!今回もダメだった!」と、夫の前では努めて明るくふるまった。それを聞く夫の胸中もまた、複雑だった。

「どう声をかけていいか悩みました。『頑張れ』と言ったら頑張っちゃうだろうし、『頑張るな』と言ったら『なんで頑張ってるのに』と言われちゃうし。本当に難しかった」(雅道さん)

不妊治療から半年たったある日、苦しむ妻を見かねて、夫は、ひとつの提案をした。

「ふたりでタイムリミットを決めない? ゴールが分からない闘いって、すごく大変だと思うんだ。ここまで目一杯やってみる、っていう目標を決めた方が前向きになれる気がするんだ」(雅道さん)

このままでは妻がボロボロになる。そんな姿は見たくない夫からの提案だった。ふたりで話し合って、タイムリミットは直美の45歳の誕生日までと決めた。

不妊治療には、妻の体力と並んでもうひとつ大きな負担となるものがある。治療のための「費用」だ。不妊治療には、いくつかの方法があるが、すでに42歳の直美さんは、最も妊娠しやすいとされる「顕微授精」を選んだ。顕微鏡とガラス針を使う高度な技術で、妊娠する確率は高くなる反面、保険がきかず、費用は高額に…。直美さんの場合、1回の顕微授精で40万円から60万円かかった。年間200万円が飛んでいった。

友人が悪気なくつぶやいた一言も、直美さんを傷つけた。「不妊治療なんかやめちゃえば?そしたら奇跡的に妊娠するんじゃない?」。

次ページ幸せになりたくて始めた不妊治療のはずなのに……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。