スタバ「ユニコーンフラペチーノ」人気のワケ

バリスタから「地獄のフラペチーノ」との悲鳴

 4月24日、米コーヒーチェーンのスターバックスが、米国などで19─23日の期間限定で発売したカラフルな「ユニコーンフラペチーノ」の人気ぶりに、バリスタたちが悲鳴を上げた。写真はユニコーンフラペチーノ。テキサス州オースティンのスターバックスで21日撮影(2017年 ロイター/Mohammad Khursheed)

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 米コーヒーチェーンのスターバックスが、米国などで19─23日の期間限定で発売したカラフルな「ユニコーンフラペチーノ」の人気ぶりに、バリスタたちが悲鳴を上げた。

発売日からインスタグラムなどで数多くの写真が投稿されるなど人気は沸騰したが、バリスタからは「地獄のフラペチーノ」などの投稿が相次いだ。

あるバリスタは、材料の品切れに喜びを投稿。一度に56杯の注文があったとの写真投稿もあれば、ブラックコーヒーのようなシンプルな注文に謝意を表した投稿もあった。

こうした投稿について、スターバックスの広報担当者は「顧客からもパートナー(従業員・バリスタ)からも、大変多くの前向きな反応を得ている」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT