スタバ「ユニコーンフラペチーノ」人気のワケ

バリスタから「地獄のフラペチーノ」との悲鳴

 4月24日、米コーヒーチェーンのスターバックスが、米国などで19─23日の期間限定で発売したカラフルな「ユニコーンフラペチーノ」の人気ぶりに、バリスタたちが悲鳴を上げた。写真はユニコーンフラペチーノ。テキサス州オースティンのスターバックスで21日撮影(2017年 ロイター/Mohammad Khursheed)

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 米コーヒーチェーンのスターバックスが、米国などで19─23日の期間限定で発売したカラフルな「ユニコーンフラペチーノ」の人気ぶりに、バリスタたちが悲鳴を上げた。

発売日からインスタグラムなどで数多くの写真が投稿されるなど人気は沸騰したが、バリスタからは「地獄のフラペチーノ」などの投稿が相次いだ。

あるバリスタは、材料の品切れに喜びを投稿。一度に56杯の注文があったとの写真投稿もあれば、ブラックコーヒーのようなシンプルな注文に謝意を表した投稿もあった。

こうした投稿について、スターバックスの広報担当者は「顧客からもパートナー(従業員・バリスタ)からも、大変多くの前向きな反応を得ている」と述べた。

人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。