スタバ「ユニコーンフラペチーノ」人気のワケ

バリスタから「地獄のフラペチーノ」との悲鳴

 4月24日、米コーヒーチェーンのスターバックスが、米国などで19─23日の期間限定で発売したカラフルな「ユニコーンフラペチーノ」の人気ぶりに、バリスタたちが悲鳴を上げた。写真はユニコーンフラペチーノ。テキサス州オースティンのスターバックスで21日撮影(2017年 ロイター/Mohammad Khursheed)

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 米コーヒーチェーンのスターバックスが、米国などで19─23日の期間限定で発売したカラフルな「ユニコーンフラペチーノ」の人気ぶりに、バリスタたちが悲鳴を上げた。

発売日からインスタグラムなどで数多くの写真が投稿されるなど人気は沸騰したが、バリスタからは「地獄のフラペチーノ」などの投稿が相次いだ。

あるバリスタは、材料の品切れに喜びを投稿。一度に56杯の注文があったとの写真投稿もあれば、ブラックコーヒーのようなシンプルな注文に謝意を表した投稿もあった。

こうした投稿について、スターバックスの広報担当者は「顧客からもパートナー(従業員・バリスタ)からも、大変多くの前向きな反応を得ている」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT