スタバ「ユニコーンフラペチーノ」人気のワケ

バリスタから「地獄のフラペチーノ」との悲鳴

 4月24日、米コーヒーチェーンのスターバックスが、米国などで19─23日の期間限定で発売したカラフルな「ユニコーンフラペチーノ」の人気ぶりに、バリスタたちが悲鳴を上げた。写真はユニコーンフラペチーノ。テキサス州オースティンのスターバックスで21日撮影(2017年 ロイター/Mohammad Khursheed)

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 米コーヒーチェーンのスターバックスが、米国などで19─23日の期間限定で発売したカラフルな「ユニコーンフラペチーノ」の人気ぶりに、バリスタたちが悲鳴を上げた。

発売日からインスタグラムなどで数多くの写真が投稿されるなど人気は沸騰したが、バリスタからは「地獄のフラペチーノ」などの投稿が相次いだ。

あるバリスタは、材料の品切れに喜びを投稿。一度に56杯の注文があったとの写真投稿もあれば、ブラックコーヒーのようなシンプルな注文に謝意を表した投稿もあった。

こうした投稿について、スターバックスの広報担当者は「顧客からもパートナー(従業員・バリスタ)からも、大変多くの前向きな反応を得ている」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。