真空国会 読売新聞政治部 著

真空国会 読売新聞政治部 著

副題の「福田『漂流政権』の深層」そのままに、たどり着く先の当てもなく漂流を重ねる政権には、活力あふれる政局の場合とは別の意味で調査報道の腕が試される。読売政治部の手になる政治本は『自民党を壊した男』『検証 国家戦略なき日本』など力作が多いけれど、本書も380ページを一気に読了した。

安倍政権自爆から迷走福田政権の日々については、ここに書かれた多くの事実と分析を新聞ですでに読んだはずではあるが、追加取材も織り交ぜ政局と立法の過程を多くの固有名詞によって鮮明に浮かび上がらせている。こうして体系化し時系列で追うことで、政治の劣化が救いがたく進んでいることがよくわかる。

臨時国会終盤の民主党の迷走ぶりを改めて整理、提示されると、たとえ同党が衆院で第一党となっても今以上の政局混迷が続きかねないと痛感させられた。福田・ブッシュ会談の顛末など冷や汗ものの外交の内幕も垣間見せてくれる。(純)

新潮社
1680円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。