人事と出世の方程式 永井 隆 著

人事と出世の方程式 永井 隆 著

会社での昇進昇格は「ゴマスリ、数字(成果)、信頼感」で決まり、単年度評価の成果主義と、長期的視点の能力主義とが、同時に走る。登用される人材は多様化が進み始め、「強い個人」を尊重。30代半ばで多部門を経験し初発(あるいは一選抜。同期で最初の管理職)になるという従来の選別だけでは済まず、幹部候補生研修、貢献度の見える化などで公開性、納得性を高める方向も強まっている。

変化に向き合うサラリーマンと会社の姿を、「出世」の切り口からジャーナリストが描く。大企業の経営層や人事担当者、渦中の人材の現実と本音を多面的に取材。幹部候補生の選び方や評価・ポストの割り振りの仕組みなど、会社人事の内幕を解き明かす。

日経プレミアシリーズ
893円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。