人事と出世の方程式 永井 隆 著

人事と出世の方程式 永井 隆 著

会社での昇進昇格は「ゴマスリ、数字(成果)、信頼感」で決まり、単年度評価の成果主義と、長期的視点の能力主義とが、同時に走る。登用される人材は多様化が進み始め、「強い個人」を尊重。30代半ばで多部門を経験し初発(あるいは一選抜。同期で最初の管理職)になるという従来の選別だけでは済まず、幹部候補生研修、貢献度の見える化などで公開性、納得性を高める方向も強まっている。

変化に向き合うサラリーマンと会社の姿を、「出世」の切り口からジャーナリストが描く。大企業の経営層や人事担当者、渦中の人材の現実と本音を多面的に取材。幹部候補生の選び方や評価・ポストの割り振りの仕組みなど、会社人事の内幕を解き明かす。

日経プレミアシリーズ
893円

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。