両親文系でも「AI時代に勝てる教育」は可能だ

アマゾンやアップルが注目するSTEMとは?

STEM教育のなかでも、私がいまの時代の子どもたちに必要だと思うのは、テクノロジー教育です。テクノロジー教育の基礎編は、最先端テクノロジーに実際に触れてもらい、できるだけ身近な存在だと感じてもらうことです。

「両親とも文系だから、うちの子が理数系に行くとは思えない」と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、子どもに適性があるかどうかは、実際にやらせてみないとわかりません。

教室に通うことでも、望遠鏡やロボットの自作キットを買い与えることでもいいので、「ちょっと興味ある?」と聞いてみて、少しでも興味がありそうなら一度体験させてみる。そこでハマらなかったらすぐに気持ちを切り替え、次の選択肢を与えてみる。このトライ&エラーを繰り返してください。

STEM教育の強化は、国家レベルの課題になっていますし、各企業も理数系の人材を確保したい思惑があるため、STEM教育を施す手段(教室、教材、コミュニティ、イべントなど)はこれから一気に増えていくでしょう。

アップルが行う「サマーキャンプ」の中身

たとえば、アメリカの企業では以下のような取り組みが始まっています。米アマゾンでは、子どもの年齢にあったSTEM教材が毎月送られてくる「STEM CLUB」というサービスを始めました。同じく米アップルのフラッグシップショップ「アップルストア」でも、8歳からの子どもたちを対象にサマーキャンプを実施しています。映画作りか物語作りのコースを選ぶことができ、コンピュータの操作を覚えながら、創造性のトレーニングを行う人気企画です。

『人工知能時代を生き抜く子どもの育て方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。上の画像をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

筆者が運営している Qubena Academyでも、子どもたちにテクノロジーに関心を持ってもらうきっかけとしてワークショップを実践しています。その一例として、2016年の夏休みには、カメラのついたドローンを子どもたちに操作してもらって打ち上げ花火を撮影し、その後塾に戻ってVR(バーチャルリアリティ)のヘッドマウントディスプレーを装着して撮影した動画を見る、という体験学習を実施しました。

子どもたちに課したテーマは「見たことがない景色を見よう」。「花火はドローンで真上から見たらどう見えるのか?」「もっともきれいな動画を撮るためにはどの花火を、どんなタイミングで、どんな向きに打ち上げたらいいのか?」こうしたことまで子どもたちに考えてもらいました。子どもたちは大喜びでした。最初は恐る恐る操作していたドローンも、コツを掴めばすぐに操作できるようになっていました。ほかにも、3Dプリンターを使って自作のジュエリーを作るワークショップ等も行いました。

ドローンやVR、3Dプリンターという最先端テクノロジー自体に興味をもってもらうだけではなく、テクノロジーは使い方次第でいくらでも工夫できるということを理解してもらうのがこれらのワークショップの狙いです。

このような外部の仕組みをうまく使えば、子どもにきっかけを与え続けることは可能です。どこでどのような教育の機会があるのか、その情報を見逃さないためには、STEM教育というキーワードで日頃から情報収集しておくことをお勧めします。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT