ベトナムで米ユナイテッド航空への批判拡大

「アジア人が差別されている」

 4月12日、米ユナイテッド航空でオーバーブッキング(過剰予約)の航空機内から乗客の男性医師が強制的に降ろされた問題で、この医師がベトナム生まれの米国人と判明したことを受け、ベトナムで批判の声が拡大している。写真はシカゴで11日撮影(2017年 ロイター/Kamil Krzaczynski)

[ハノイ 12日 ロイター] - 米ユナイテッド航空でオーバーブッキング(過剰予約)の航空機内から乗客の男性医師が強制的に降ろされた問題で、この医師がベトナム生まれの米国人と判明したことを受け、ベトナムで批判の声が拡大している。

ユナイテッドはベトナムと米国を結ぶ直行便を運航していないが、ベトナムで最も利用されているソーシャルメディアであるフェイスブックには、「ユナイテッド航空には絶対に乗らない」、「ユナイテッド航空をボイコットしよう。これはやり過ぎだ」などとするコメントが相次いだ。

また、2003年に医師免許を失ったなどと男性の過去について報じた米メディアに対しても、不適切で人種差別的と反発が広まった。

当初、この乗客は中国人とみられると報道された際には冷淡なコメントをするベトナム人もいたことから、「彼(男性)がベトナム人とわかると、ほとんどの人が擁護する側に回った。ベトナム人であろうと中国人であろうと、私たちアジア人が差別されていることに変わりはない」との投稿もあった。

政府や国営メディアからのコメントは今のところない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
逆風強まる石炭火力発電<br> 三菱UFJが新規融資停止

地球温暖化への危機感が高まる中、三菱UFJ FGは「新設する石炭火力発電所への投融資は今後原則実行しない」との方針を発表した。国内3メガバンクとしては画期的な決断だが、世界の潮流には大きく遅れる。さらなる前進も近そうだ。