浅田真央が引退会見「悔いはありません」

全日本選手権での惨敗が引退のきっかけに

 4月12日、現役引退を表明したフィギュアスケート女子の浅田真央選手(写真)は、引退を決意した理由について、全日本選手権での惨敗が引退のきっかけになったと自身の心境を語った。都内で撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 12日 ロイター] - 現役引退を表明したフィギュアスケート女子の浅田真央選手(26)は12日、引退を決意した理由について、全日本選手権での惨敗が引退のきっかけになったと自身の心境を語った。

「全日本が終わってすべて結果が出た時に、もう終わったんだなと思った」と白いジャケットと黒いスカートで登場した浅田選手は都内の会見で語った。

日が経つにつれて、平昌冬季五輪に出ると言っていたことが葛藤となり、最後までやり通した方がいいのではないかと感じ、引退の発表がここまで伸びたという。

気持ちも体も出し切ったので悔いはないと述べた。

「長い選手生活だったがたくさんの山があった。たくさんの山を乗り越えてこれたのも、支えて下さった方々や、たくさんのファンの方々の応援があったからだと思う」と述べた浅田選手。「私のすべてがスケート中心だったので、本当に(フィギュアスケートは)私の人生だ」と語り、笑顔を見せた。

「晴れやかな気持ちで引退を迎えることができた」と語った浅田選手は、会見の最後には感極まった様子を見せ、時折記者団に背中を向けて表情を隠しながらも、「スケート人生で経験したことを忘れず、新たな目標を見つけて、笑顔で進んでいきたい」と述べ、これまでの応援に感謝して引退会見を締めくくった。

浅田選手は10日夜、自身のブログで、今季の成績が不調に終わり、「選手として続ける自分の気力もなくなった」と引退を表明。ひざのけがが響き、昨年12月の全日本選手権では過去最低の12位に終わっていた。

浅田選手はバンクーバー五輪で、難易度の高いトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を女子で初めて3度成功させたが、キム・ヨナ(韓国)に敗れて銀メダル。金メダルが期待された14年のソチ五輪ではショートプログラムで大きく出遅れ、フリーで立て直し、自己最高得点を記録したものの6位に終わった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT