東芝の半導体事業、外為法の事前届出制の対象

菅官房長官が「一般論」と断ったうえで見解

 4月11日、菅義偉官房長官は午後の会見で、東芝の半導体事業売却に関して、一般論と断ったうえで、「外為法に基づく審査付事前届出制の対象となると思っている」と指摘した。写真は東芝のロゴ、2012年都内で撮影(2017年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 11日 ロイター] - 菅義偉官房長官は11日午後の会見で、東芝<6502.T> の半導体事業売却に関して、一般論と断ったうえで、「外為法に基づく審査付事前届出制の対象となると思っている」と指摘した。

実際に海外企業に売却する場合には、国の安全等の観点から厳格な審査を実施することになるとの考えを示した。

また半導体事業に、日本の企業や産業革新機構などの政府系ファンドが組んで出資する構想が一部で報じられていることに関して、「産業革新機構そのものはオープンイノベーションを通じて日本の産業構造の革新につながる案件を支援する機関だ。こうした趣旨にかなった案件であれば制度上支援を行うことはできる」との認識を示した。

 

 

(石田仁志)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT