日経平均は反落、7月月足は陰線に

為替の円高、重要指標発表前に様子見気分強い

29業種、東証1部の8割で下落

業種別に見ると、東証33業種中、値上がりは4業種のみで、上昇率トップは非鉄金属の1.55%。以下、石油・石炭製品、その他金融、情報・通信と続いた。値下がりは29業種で、騰落率ワーストは電気・ガスで3.74%の下落。以下、空運、その他製品、海運、保険、医薬品、輸送用機器、食料品、倉庫、不動産までが2%台の下落となった。東証1部の値上がり銘柄数は270(全体の15.4%)、値下がりは1414(同80.6%)、69銘柄が変わらずだった。

個別にみると、四半期決算が好調だったKDDI、オリックス、ニフコ、三菱製鋼などが値上がり。一方、タブレット製造のワコムが急落。値がさ株ではファーストリテイリングや京セラ、アステラス製薬、デンソーなどの下落が全体相場を押し下げた。

明日の相場展開については引き続き、海外の重要経済指標と為替動向、そして発表が続く企業決算が注目ポイントとなる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT