ナポリタンも武器に、横浜老舗ホテルの逆襲

JR出身新社長が狙うクラシックホテル復権

前向きな経費がかさむ可能性も

濱田賢治社長はJR東日本出身、大のクラシックホテル好きだ(撮影:尾形文繁)

下期以降も当面、営業面での堅調さは続きそうだ。上期の利益の増額幅(1億円)に対し、通期のそれ(7000万円)が小さいため、利益の再増額を期待したいところだが、会社側は前向きな経費がかさむ可能性を示唆する。

もともと、本館や新館(タワー館)の改装に伴う修繕費、津波対策の防潮板設置など防災関連費用も期中計上分が増加する見通しで、今期は増収減益予想だった。これに加えて「今年は本館が築86年、新館が23年になる。駆体に問題はないが、設備の保全・改良を行うために投資していきたい」(濱田社長)。

年内に、本館の耐震調査の結果が出るため、それを受けて大規模修繕の計画を策定し、早ければ来14年11月期中にも、フロアの一部休業を伴う改築工事に取りかかる可能性もある。東洋経済は来期中に休業の影響が大きくない前提で来期を増収増益とみている。

次ページクラシックホテルの協調体制も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT