フィギュア世界選手権、羽生選手が逆転優勝

3連覇目指したフェルナンデスは4位に

 4月1日、来年の平昌冬季五輪の国・地域別出場枠を懸けたフィギュアスケートの世界選手権、男子ではSP5位の羽生結弦(中央)が逆転優勝を達成。宇野昌磨(左)が2位に入った(2017年 ロイター/Grigory Dukor)

[ヘルシンキ 1日 ロイター] - 来年の平昌冬季五輪の国・地域別出場枠を懸けたフィギュアスケートの世界選手権は1日、ヘルシンキで競技を行い、男子ではショートプログラム(SP)5位の羽生結弦が逆転優勝を果たした。

羽生はフリーで223.20点をマークし、自身の世界歴代最高を塗り替えて1位となり、合計321.59点で同大会2回目の優勝を達成。SPからの10.66点差を挽回した。

SP2位の宇野昌磨がフリーでも2位となり、自己ベストの合計319.31点で2位に入った。羽生と宇野の順位の合計は「13」以内となったため、日本男子は平昌五輪で最大の出場枠3を獲得した。

金博洋(中国)が合計303.58点で3位。SP1位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)は301.19点で4位に終わり、3連覇はならなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT