フィギュア世界選手権、羽生選手が逆転優勝

3連覇目指したフェルナンデスは4位に

 4月1日、来年の平昌冬季五輪の国・地域別出場枠を懸けたフィギュアスケートの世界選手権、男子ではSP5位の羽生結弦(中央)が逆転優勝を達成。宇野昌磨(左)が2位に入った(2017年 ロイター/Grigory Dukor)

[ヘルシンキ 1日 ロイター] - 来年の平昌冬季五輪の国・地域別出場枠を懸けたフィギュアスケートの世界選手権は1日、ヘルシンキで競技を行い、男子ではショートプログラム(SP)5位の羽生結弦が逆転優勝を果たした。

羽生はフリーで223.20点をマークし、自身の世界歴代最高を塗り替えて1位となり、合計321.59点で同大会2回目の優勝を達成。SPからの10.66点差を挽回した。

SP2位の宇野昌磨がフリーでも2位となり、自己ベストの合計319.31点で2位に入った。羽生と宇野の順位の合計は「13」以内となったため、日本男子は平昌五輪で最大の出場枠3を獲得した。

金博洋(中国)が合計303.58点で3位。SP1位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)は301.19点で4位に終わり、3連覇はならなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT