フィギュア世界選手権、羽生選手が逆転優勝

3連覇目指したフェルナンデスは4位に

 4月1日、来年の平昌冬季五輪の国・地域別出場枠を懸けたフィギュアスケートの世界選手権、男子ではSP5位の羽生結弦(中央)が逆転優勝を達成。宇野昌磨(左)が2位に入った(2017年 ロイター/Grigory Dukor)

[ヘルシンキ 1日 ロイター] - 来年の平昌冬季五輪の国・地域別出場枠を懸けたフィギュアスケートの世界選手権は1日、ヘルシンキで競技を行い、男子ではショートプログラム(SP)5位の羽生結弦が逆転優勝を果たした。

羽生はフリーで223.20点をマークし、自身の世界歴代最高を塗り替えて1位となり、合計321.59点で同大会2回目の優勝を達成。SPからの10.66点差を挽回した。

SP2位の宇野昌磨がフリーでも2位となり、自己ベストの合計319.31点で2位に入った。羽生と宇野の順位の合計は「13」以内となったため、日本男子は平昌五輪で最大の出場枠3を獲得した。

金博洋(中国)が合計303.58点で3位。SP1位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)は301.19点で4位に終わり、3連覇はならなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • iPhoneの裏技
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。