ライトオン、ヒット不発で初営業赤字の危機

今期2度目の下方修正、改善策は実を結ぶか

3月25日に「Right-on HARAJUKU TOKYO」をオープンさせた(記者撮影)

ジーンズカジュアル衣料品店を展開するライトオンは、1995年の株式公開から約20年来で初となる営業赤字への転落危機に立たされている。

3月28日に発表した2017年8月期の第2四半期(2016年8月21日~2017年2月20日)の業績は、売上高428億円(前年同期比7.7%減)、営業利益2.3億円(同92%減)となった。同時に通期業績予想についても修正を発表。売上高810億円(前年比6.3%減)、20億円の営業赤字(前年は37.3億円の黒字)に転落する見通しだ。今年1月24日に下方修正を発表してわずか2カ月で2度目の下方修正を強いられた。

同社は「バックナンバー」など自社で開発したプライベートブランド(PB)に加え、「リーバイス」や「エドウイン」などナショナルブランド(NB)のジーンズも取りそろえる。全国の商業施設を中心に約500店舗を展開しており、前期まで2期連続営業増益と業績は堅調だった。いったい何が起きたのか。

商品が変わり映えせずマンネリ化

不振に陥った要因は、トレンド捕捉の失敗にある。昨シーズンは裏地が温かい「モコモコ」といった主力のPB商品が、販売開始から3カ月間で100万点を売り上げ大ヒットした。だが今シーズンは9月の天候不順などで秋物商品の立ち上がりが苦戦。旬な品ぞろえを実現できなかったことで値下げを余儀なくされ、利益が急減してしまった。

同社の場合、単価が高く販売量も多い秋冬シーズンが利益の過半を占める収益構造となっている。商品の入れ替えを進めるゴールデンウイーク以降の6~8月度は在庫処分などもあり、赤字を計上するのが通常だ。今下期は、前半の不振を引きずり例年以上に厳しい販売状況を見込んでおり、会社側は既存店売上高を前年比8%減と想定。膨らんだ在庫を値引きで消化するため粗利益率も悪化する。

次ページ新業態を順次オープン
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。