はなわ「お義父さん」が大ヒットしているワケ

お笑い芸人の泣ける歌が心を打つ

最近はテレビで見ない日がないという小籔千豊が、'08年に作ったのが『プリン』。

「母親が亡くなる4時間前に急に“プリンが食べたい”と言いだしたので、小籔が大急ぎで閉店直後のデパートでプリンを購入し、病院に戻ったけど間に合わなかったんです。母親がプリンが好きだということを知っていたのに、それまで1回も買っていかなかったことをひどく後悔していました」(在阪テレビ局社員)

北野武がビートたけしの名で歌ったのが『浅草キッド』。

「浅草のストリップ劇場で下積みをしていた時代を回想して書いた曲です。'86年に発売されたアルバムに収録されていて、至極の名曲と言われています。苦労した芸人はこの曲を聴くと、みんな号泣します」(前出・スポーツ紙記者)

号泣とまではいかないが、ウルッとさせるのがダウンタウンの浜田雅功が槇原敬之と一緒に歌った『チキンライス』。

「ダウンタウンの番組に出演したことがきっかけで槇原が作った曲ですが、作詞は松本人志。彼の貧しい少年時代のエピソードがもとになっています」(音楽誌記者)

なぜ心に響くのか

芸人が歌う曲が、なぜそんなに心に響くのか?

「ともすれば軽薄短小のイメージがある芸人に、実は波瀾万丈の人生があったという意外性。そういうものを日本人は好みますからね。またそれが歌詞の持つドラマを増幅させるんです」(前出・富澤氏)

事実に裏づけされた歌詞だからこそ、聴く人の心を打つということなのだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT